研究史

昭和
昭和20-23年
新しい学習指導法の研究
昭和24-26年
新しいカリキュラムの研究
26年
東京学芸大学附属世田谷小学校と名前がかわる(4月)
第6回研究発表会<全教科>(5月)
昭和27-29年
カリキュラムの構成と学習指導の研究(文部省実験学校) 

研究紀要(No.1)

27年
第7回研究発表会<学習指導の改善>
28年
文部省実験学校研究発表会 第1回
29年
附属高等学校開校
文部省実験学校研究発表会 第2回
昭和30-32年
「よい授業」のあり方の研究

研究紀要(No.2-5)

30年
文部省実験学校研究発表会 第3回
世田谷区深沢4丁目10番地に校舎が移る(第1期)
第8回研究発表会<学習指導の新展開>
31年
附属小学校本部を深沢校舎に移す 第2期
プールができる
どんぐり山ができる
32年
全校の移転を終わる
第9回研究発表会<思考力・表現力>
昭和33-35年
道徳教育の研究、音楽教育の研究(文部省実験学校)

研究紀要(No.6-7)

33年
体育館ができる
第10回研究発表会<道徳教育>
青山荘開設30周年「青山荘音頭」ができる
34年
文部省実験学校研究発表会<道徳教育>
35年
新校舎落成記念式典を行う
文部省実験学校研究発表会<音楽>
林間学校を蓼科高原で開く
附属小学校の新校歌ができる
昭和36-40年
内面化をめざす学習指導

研究紀要(No.8-9)

36年
文部省実験学校研究発表会<音楽・道徳>
がんばり遠足が始まる
第11回研究発表会<全教科・道徳>
37年
青山荘で海の家を開く
第12回研究発表会<国語・社会・算数・理科>
38年
第13回研究発表会<音楽・図工・家庭・体育>
39年
「運動会の歌」ができる
ふじが池ができる
林間学校を那須高原で開く
40年
プールの浄化装置ができる
昭和41-48年
現代化をめざした教育経営の研究『わが校の九十年のあゆみ』(41.3)

研究紀要(No.10-12)

41年
児童館ができる
「藤棚の歌」ができる
創立90周年記念式典を行い天皇皇后両陛下をお迎えする
90周年記念誌「わが校の九十年の歩み」ができる
42年
児童館に暖房がつく
43年
第14回研究発表会<算数・理科・図工・家庭>
44年
第15回研究発表会<国語・社会・音楽・体育>
青山荘開設40周年となる
林間学校を長野県中房温泉で開き燕岳登山をする
45年
運動会で青山荘音頭をおどる
「ゴールめざして」の歌ができる
46年
水曜日は弁当の日となる
1年生募集に学区制を決める
47年
藤の実会(父母の会)ができる
東京学芸大学教育学部附属世田谷小学校を正式名称とする
48年
運動場が大改修される
週4時間「○」の時間(新領域の時間)がつくられる
昭和49-54年
教育課程における新領域の研究(「○」の時間)
『子どもが生き教師も生きる「○」の時間』(51.10)
『続子どもが生き教師も生きる「○」の時間』(52.6)
『子どもが生き教師も生きる「○」の時間の構想と実践』(53.5)

研究紀要(No.14-18)

49年
青山会報が通巻500号となる
青山荘改築の落成式を行う
学童集団疎開30周年記念、現地を訪問する
4年生移動教室を青山荘で行う
創立100周年記念のシンボルマークと大旗ができる
校舎にスチーム暖房がつく
50年
百周年祝典歌」ができる
100周年記念誌「百年の回想」ができる
創立100周年記念式典 皇太子殿下御夫妻をお迎えする
写真集「百年目の子どもたち」ができる
第16回研究発表会<子どもが生き、教師も生きる「○」の時間
52年
合同研究発表会<ゆとりと充実を求めた教育活動の創造>
54年
青山荘開設50周年を祝う会を行う
「青山荘五十周年記念誌」ができる
昭和55-59年
人間性豊かな子どもを育てる教育課程の創造の研究『授業を創る』(60.2)

研究紀要(No.19-25)

55年
教育研究機関誌「藤棚」を創刊
第17回研究発表会<人間性豊かな子どもを育てる教育課程の創造
57年
第18回研究発表会<人間性豊かな子どもを育てる教育課程の創造
58年
新別館・新体育館が落成する
どんぐり山にアスレチックができる
59年
青山会報100号(通巻531号)となる
臨海学校で自由選択活動が始まる
昭和60-63年
相互啓発を目指した「よい授業」の追求、『今、なぜ「一斉学習」なのか』(62.7)

研究紀要(No.26-29)

「学校・家庭・地域の連携による総合的な教育力の活性化の研究」(文部省委託研究)
60年
第19回研究発表会<人間性豊かな子どもを育てる教育課程の創造
61年
創立110周年記念行事を行う
写真集「育ちゆく子どもたち」ができる
62年
学校・家庭・地域の連携推進に関する研究(都教委と協力 62・63年度)
第20回研究発表会<相互啓発を目指した「よい授業」の追究>
平成
平成元年-10年
相互に啓発し、自らの生活をつくり上げる子どもを育てる教育課程の創造の研究

研究紀要(No.30-34)

『相互啓発学習① 個のよさが生きる授業』(7.2)
『相互啓発学習② 個のよさが生きる学校』(8.2)
『相互啓発学習③ 個のよさが生きる総合学習の展開』(10.7)
元年
授業を語る会が始まる
2年
低学年で総合学習が始まる
3年
第21回研究発表会<相互に啓発し、自らの生活を作り上げる子どもを育てる教育課程の創造>
4年
文部省研究指定校 学校における機器利用(4・5年度)
臨海学校を子どもの自主的活動中心とする
遠足を低中高の学年部単位とする
6年
上校庭・プールを改修する
7年
第22回研究発表会<相互に啓発し、自らの生活をつくり上げる子どもを育てる教育課程の創造−個のよさが生きる授月>
本館教室を改修する
120周年記念祭を保護者・同窓会が主催して行う
8年
第23回研究発表会<相互に啓発し、自らの生活をつくり上げる子どもを育てる教育課程の創造−個のよさが生きる学校>
創立120周年を祝う会を行う
120周年記念研究史をまとめる
平成11年-14年
ともにひらく―相互啓発的な生き方が育つ学校―の研究

研究紀要(No.35-36)

『相互啓発学習④ だから学校大好き ―子どもとともにつくる総合的な学びの場』(11.11)
平成11年-13年
文部科学省開発学校指定「児童・生徒の認識と学習観の発展を支える小・中・高一貫した教育課程の開発」
平成14年-16年
ともにひらく―育てたい力を明確にした世田谷プランの創造―の研究
『相互啓発学習⑤ 授業改革へのみちしるべ』
平成17年-18年
ともにひらく~子どもの願い・教師の自己改革に根ざした世田谷プランをもとめて~
平成19年-22年
「子どもとともにつくる学校」の創造
「学び続ける共同体としての学校の創造」  平成23年~